Standart Japan #5
5b459e06ef843f5091000027 5b459e06ef843f5091000027 5b459e06ef843f5091000027 5b459e06ef843f5091000027 5b459e06ef843f5091000027

Standart Japan #5

¥1,566 税込

送料についてはこちら

『STANDART』はスペシャルティコーヒーの文化を伝えるインディペンデントマガジン。スロバキアで生まれ、今では世界53カ国以上に取り扱い店が広がっています。 リバーズがメインスポンサーを務めるSTANDART JAPANの最新号(第5号)では、リバーズの創業ヒストリーから製品開発プロセスまで全8ページにわたってご紹介いただいております。 以下STANDART JAPAN OFFICIAL WEBSITEより一部抜粋 コーヒーが生み出す会話、出会い、そして濃厚な時間。 私たちを惹きつけるのは、コーヒーの持つそんな魅力です。 季刊誌 Standartは、スペシャルティコーヒーの魅力を伝えるべく記事を厳選し、130ページ以上もの美しくデザインされた1冊の本を、 皆様にお届けします。Standartを手に取りリラックスして、素敵な読書の時間をお楽しみください。 待望の最新号Vol.5。気になる内容は? COFFEEチャプター コーヒーという言葉の持つ本当の意味について学んだあとは、最近スペシャルティコーヒーの試験栽培がスタートしたミャンマーのコーヒー事情についてご紹介。ワールド・コーヒー生産者フォーラムで遂に議論に挙がったサプライチェーンの問題点について理解を深めたら、カッピングとフィルム写真の選定プロセスの共通点について考えてみましょう。 PEOPLEチャプター 今号から始まるMeet Your Stockistsでは、Standart Japanを店頭に置いてくださっているストッキストの一日に密着。メルボルン在住のバリスタ下山修正氏には、未来のバリスタ像についてのお話をうかがいました。給与の透明性と職場の問題の関係性について学んだら、普段お客さんからは見えないバリスタの仕事や生活をご紹介します。 WORLDチャプター コーヒー片手に死について語り合う謎のイベント「Death Cafe」。主催者の一人Jonathan Jongが、その成り立ちや魅力をお伝えします。今号のゲストは南青山のワインバーapéroを営むGuillaum・Chloé夫妻。日本の飲食業界やコーヒーとワインの共通点についてうかがいました。カフェを文化体験の場としてとらえることで、あなたの旅が変わるかもしれません。最後はお馴染みのシティガイド・今回ご案内するのは、かつて東西分断の中心地だったドイツ・ベルリン。 今号のメインスポンサーは、タンブラー「ウォールマグ」のヒットで知られるドリンクウェアメーカーのRIVERS。スポンサー記事では、コーヒー業界に新しい風を吹き込む彼らの創業ストーリーや製品設計のプロセスについてご紹介します。 これ以外の記事も読み応え抜群です! 商 品 名:Standart Japan #5 ペ ー ジ数:123P